植田写真事務所

腕時計撮影用プラスチック型の作り方

腕時計を自立させ撮影したいのでお手製の腕時計スタンドを作ります。

腕時計撮影備品1

スタンドの素材は熱を加えると変形するプラスチック(PET系)を使います。
サイズは  300mm X 450mm 厚さ 1mm。
ハンズで PETEC(ペテック)という名前で、税別  ¥420 で購入出来ます。

 

腕時計撮影備品2

300mmの長さの方を6mm ~8mmの巾で切ります。工作用のハサミなどで切って下さい。

腕時計撮影備品3

腕時計の内側に渦巻き状態にして入れます。

腕時計撮影備品4

ラジオペンチなどで渦巻きをこわさないように取り出し、

腕時計撮影備品5

腕時計撮影備品6

腕時計撮影備品7

100℃のお湯の中に浸け時々様子を見ながらやわらかくなって来たら
取り出し、形を楕円形に整える。水で冷し形を決める。

腕時計撮影備品8 サイバーショット説明資料ホルダ

後ろに支えを付けられます。

腕時計撮影備品9 サイバーショット説明資料ホルダ

腕時計スタンドをはめ込みます。

腕時計撮影特別講座一覧ページへ戻る
腕時計ライティングページへ

衣服でおぼえる商品撮影講座DVD

アパレル系商品の撮影に特化‼
アパレル商品(衣類・周辺服飾品)の撮影を通じて商品撮影を学びます。
アパレル関係・ネットショップ関係・商品撮影学習者の方々にオススメ‼