植田写真事務所

腕時計撮影ライティング:ランプシェードの作り方手順

 完成図
写真のようにLED照明にアルミホイルで作ったランプシェードを被せます。

では、ランプシェードの作り方手順を確認していきます。
ランプは照明部材ページを確認して下さい。

 一般的な250mm巾のアルミホイルを長さ650mm~700mmでカットする。

60mm巾で折り返す。

図の用にアルミホイルをつなげる。

直径130mm~150mmぐらいの筒状にする。

2重にした部分の端を10mmぐらい補強のために折り返す。

ランプシェードの完成です。

1重の方からランプにかぶせ、形に合わせてしぼり、テープで固定します。

できればテープはパーマセルの白を使って下さい。
全体完成です。

今回の特別講座では腕時計の質感や立体感を表現するため、
ランプシェードを装着し、スポットライトとして使用しました。
意図した表現を実現するために、ランプは適宜使い分けましょう。

腕時計撮影特別講座一覧ページへ戻る
腕時計ライティングページへ

衣服でおぼえる商品撮影講座DVD

アパレル系商品の撮影に特化‼
アパレル商品(衣類・周辺服飾品)の撮影を通じて商品撮影を学びます。
アパレル関係・ネットショップ関係・商品撮影学習者の方々にオススメ‼