商品撮影Tips9 バッグ・靴・ジュエリー撮影 ミラーレフの活用

窓際イメージ撮影 バッグ

Tips9では、革(レザー)・ツヤ・透明・光沢系の要素がある被写体の撮影のコツを眺めたいと思います。
本Tipsでは、バッグ・靴・アクセサリーを取り上げて撮影します。撮影テクニックとしては、被写体の右サイドで使うミラー系レフに的を絞って講座を進めて参ります。

まず、前置きです。新作「衣服でおぼえる商品撮影講座」DVDには、小物系の撮影方法が2つのパターンで収められています。

簡易スタジオ「小物撮り環境」(小規模店舗向け)
ライティング 小物撮影

スタジオの構成部材は、ほぼホームセンターで取り揃え可能ですが、別途照明器具の取り揃えが必要となります。照明器具の調達先は別ページに掲載。

窓際撮影(個人向け)
ライティング 窓際撮影 レフ板

照明器具の代わりに太陽の自然光を代用しますので、画像にある2つのレフ板(発泡スチロール板)をホームセンターで取り揃えれば、すぐに撮影が可能となります。窓はレースのカーテンを閉めて間接光で撮影して下さい。

ここからは、ミラーレフ板に的を絞って画像説明を進めて参ります。各撮影環境の右サイドにご注目下さい。

 


上の各画像で右サイドのレフ板を確認しますと、基本は白色のレフ板(発泡スチロール板)を使用し光を返します。ですが、革(レザー)商品の場合は、ミラーレフ板で光を返しますと、白色発泡板よりも、革の質感やツヤがうまく表現できます。
ライティング 自作ミラー系レフ板ボード

画像は自作レフ板です。ミラー系シートを適度な大きさのボードに貼ったものです。素材は車の窓ガラスに貼る日除けシート。アルミホイルも代用できます。そのまま使えるボードは、画材屋さんで調達できるようです。

◆追記:自作レフ板の素材は、ハーフミラーのシート(シール)です。カーショップ又は東急ハンズにて調達できます。白いボードにハーフミラーのシールを貼り付ければ、簡単に作成できます。(2016.08.10)

 

自作ミラーレフ板でのライティング

講座では撮影環境(簡易スタジオ・窓際撮影)の右サイドから、光を返していきます。

適した被写体の例として、

レザー素材の靴の撮影

レザー素材の靴の撮影

革製バッグの撮影

革のバックの撮影

※画像は合成です。うまい合成ではありません。(汗)

クツの撮影

このような感じで撮影します。ちなみに靴の場合は近づいて撮影。

※撮影環境画像は前作のものを使用しました。ミラーレフを今作講
座の「小物撮りスタジオ」の右サイドに設置して撮影して下さい。


ツヤのある靴にも、ミラー系レフ板を選択しましょう。

ツヤのある靴の撮影

 

ツヤの強い靴とレフ板

ここで一歩進めたテクニックです。左斜め後方に白いボードを立てれば、白色の映り込みより一層光沢感が増します。ミラー系レフ板と白色発泡板で被写体を挟み込みます。Tips5の腕時計撮影でも使ったテクニックです。

 


ここから、レフ板の大きさを変えてみます。
自作ミラーレフ板を市販のミラーシートに変えます。

靴の撮影 ミラーシート ライティング

コンパクトなミラーシートでも効果は発揮します。小さい方が個人向きかもしれません。
※ミラーシートの入手先は別ページ。

 

アクセサリー撮影 ミラーシートレフ板 ライティング

「革系」や「ツヤ系」以外にも、「透明系」や「光沢系」商品なら、ミラー系レフの選択を考えてみて下さい。画像では、ミラーシートから返った光が帯状に映っています。

ジュエリーの窓際撮影

窓際でジュエリーの撮影を行っています。

宝石・ジュエリー写真

ミラーシートで返した光が入っていない時。

キラキラな宝石・ジュエリーの写真 撮影

ミラーシートで光が入ると周囲のスペースも巻き込み、明るくしながら、
ジュエリーのキラキラ感も高めてくれます。

◆追記:両方のレフ板の特性ですが、ミラーシートは、強い光を返します。ハーフミラーレフ板は、弱い(柔らかい)光を返します。被写体に返る光の具合を確かめながら、使い分けるとBESTです。強すぎる場合は、ハーフミラー系レフ板を試しましょう。2016.08.10
◆追記:今作DVDには、ハーフミラーレフ板の撮影実例は収録されておりませんが、発泡板レフやミラーシートの用例をご覧になれば、コツは掴めるはずです。2016.08.13


アクリルドーム撮影+ミラーシートでメガネの撮影

さらに、下のメガネの写真は、(レンズが濁らずきれいに抜けていますが、)
同じミラーシートを別の方法で使い撮影しています。(反射というより光の蓄積)
コツはDVD講座の中に収録されております。
メガネ撮影


ミラーシートについては、『TIPS2  窓際商品撮影 ページ終盤』に掲載。

以上です。
Tipsの追講座はこれにて、一旦終了します。
平素は、当WEBサイトをご閲覧頂きまして誠に有難うございます。
なお、「衣服でおぼえる商品撮影講座」DVDの販売開始は、8月中旬に予定しております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


2016.8.4

基礎ライティング撮影Tips1へ
アパレルワーカー再編集ページへ
商品撮影講座Tipsページへ
洋服撮影TIPS1.2.3.4ページへ

アパレルフォトストアHOME

衣服でおぼえる商品撮影講座DVD

アパレル系商品の撮影に特化‼
アパレル商品(衣類・周辺服飾品)の撮影を通じて商品撮影を学びます。
アパレル関係・ネットショップ関係・商品撮影学習者の方々にオススメ‼